1. ホーム

頭皮は洗いすぎると禿る?

頭皮の洗いすぎによって禿げるとは考えにくいですが、要因になる可能性があります。
頭皮に限らず、全身の皮膚や毛髪の表面に皮脂が薄く膜を張っている事で、菌や乾燥から守られています。しかし洗浄力の強いシャンプーなどで一日に何回も洗ったり、執拗に擦って洗うことで必要な皮脂が無くなり、本来なら持っているはずの防御能力が減少する事が考えられます。また、お風呂上りにドライヤーを当てすぎることは頭皮の乾燥を助長する原因にもなりえます。
(さらに…)

わかめや昆布に育毛効果はありますか?

わかめやこんぶを食べると「髪が黒く太く育つという」「髪の成長が早くなる」などの科学的根拠の不明な都市伝説があります。確かに海草を食べ続けることで食生活の見直しや何かしらの健康効果などは期待ができる可能性はりますが、薄毛の回復のような効果は見込めないと思われます。

薄毛の要因になると言われている脂っこい食べ物や偏った偏食や断食などの、食生活の乱れがあります。海草を食べる事で食生活が見直されて、食生活が見直されることで健康効果へ繋がる可能性もあります。
また、こんぶやわかめに含まれている食物繊維の一種である「アルギン酸」のコレステロールの排出の促進効果や「フコイダン」の血中のコレステロールを低下させる作用から、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣を予防すると言われています。

ストレスや不眠も薄毛の原因とされ、不眠は本人が気づかない内でも体への負担やストレスになっている事があります。そのため気分転換や適切な睡眠時間の確保なども大切です。

日本で一番発症率の高い脱毛は男性型脱毛症で、この脱毛症はホルモンによって引き起こされます。ホルモンによる干渉を防ぐことで、脱毛の改善が見込めるように脱毛症にはたくさんの種類があります。髪が薄く感じ始めた際の対策は食生活や睡眠時間などのライフスタイルの見直しが肝心な要素ですが、それ以外の可能性として老化やホルモンのよる影響、感染症や頭皮の炎症などの皮膚疾患などもあります。とくにかゆみや大量のふけを伴う場合は一度皮膚科への受診が確実です。

参考として脱毛の原因という記事もありますが、明確な症名の究明には皮膚科や専門のクリニックなどの医療機関での診療で、どんな脱毛症状で、どんな治療が最適なのかをはっきりする事が解決への糸口になります。

帽子やヘルメットを被ると薄毛になりやすい?

帽子と薄毛の関係性がしっかりと判明している訳ではありませんが、帽子のかぶり方や素材によっては薄毛に繋がる可能性も考えられます。

薄毛の原因の一つに頭皮の血行不良があります。
毛髪の詳しいメカニズムは割愛しますが毛髪の材料は血液から運ばれているので、血行が悪くなれば髪に栄養が届きにくくなり、結果として細毛化や抜け毛が増加しやすくなると言われています。

ヘルメットなどの重たい物や締め付けの強い帽子を被ると頭皮が圧迫され、血行が悪くなる事が推測されますが、よほど長時間被り続けない限りは影響がでるとは考えにくいです。

その他に頭皮の蒸れも薄毛になると憶測を呼んでいますが、これも原因になるとは思えません。素材や蒸れの度合いによって痒みが発生する場合もあります。痒みが脱毛の可能性になることも考えられますが、前述した通りに長時間被り続けない限りは薄毛に左右されるような状態になるとは考えにくいです。

帽子を被って蒸れや痒み、圧迫感といった不快感や違和感を覚えることがあるため脱毛症になると勘違いや憶測を呼んでいる部分が多いですが、適度に帽子を外して、髪を洗っているのであれば脱毛の心配は無いと思われます。

夏場の強い日光から毛髪の保護や頭皮が乾燥しやすい冬の冷たい風を防ぐなど帽子にはメリットもあります。

脱毛症は遺伝による影響が強いとされ、睡眠や食生活などのライフスタイルも頭皮に影響を及ぼすと言われています。帽子の見直しだけでなく、ライフスタイルを思い返してみることも大切です。

数ある脱毛症の中でも患者の多い男性型脱毛症は薬剤によって進行を抑える事ができます。前頭部や頭頂部に薄毛の兆候が見られた時は一度医療機関で診断を受けて、男性型脱毛症なのか聞くと確実です。

ヘアワックスのつけすぎは薄毛や脱毛の原因になるの?

初めてワックスをつけてその蝕感に毛髪に影響が無いだろうかと不安に感じている男性は意外と多いようです。また、ワックスの日常的な使用でも使い続けて大丈夫かと疑問に感じる方も多くいます。

脱毛が起こる原因の一つに頭皮の炎症があります。脂漏性皮膚炎などの例からも頭皮の炎症によって脱毛が起こる事は判明しています。このことからワックスが頭皮についたまま放置することで、頭皮が刺激されてかゆみやふけを伴う炎症の原因になる可能性が可能性が考えられ、痒みを解消するために頭皮を掻くことで、さらに頭皮を傷つけてしまいフケが発生し、フケを無くすためにシャンプーによる洗いすぎなどの悪循環への発展も予想されます。
(さらに…)

本当に「きなこ」や「豆乳」に育毛効果があるの?

私たちの食にはたくさんの大豆由来の食品が溢れています。
記事タイトルのきなこや豆乳を始め、味噌も醤油も大豆由来の製品です。枝豆や一部のもやしもそうです。多くの大豆由来の食品があります。
大豆と聞くと、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが豊富に含まれている印象が強く、そこからヒントを得て育毛にも有効そうと毎日きなこ牛乳か豆乳を飲んでいる方もいると思います。
たしかに大豆にはイソフラボンが含まれていますが、果たしてこれらの大豆食品を摂ると本当に育毛に効果があるかと言えば、期待はできないというのが正直な答えでしょう。もちろん毛髪を作る材料にはなると考えられますが、それが毛髪の成長促進に繋がるとは考えにくいです。

男性型脱毛症の治療薬のフィナステリドやミノキシジルと違い明確な薬効がある訳ではなく、あくまで食品として摂取すれば、その栄養は体を作るための材料として全身をめぐる訳です。そのため、髪にピンポイントで成分が届く訳ではありません。

「でも大豆はお通じにもいいんでしょ?」
もしかしたらお通じの改善が腸にピンポイントに聞いていると感じているかもしれませんが、大豆が通じによいのは食物繊維が豊富だからです。繊維の種類についてはここでは割愛しますが、大豆のように繊維の豊富な食品を食べると腸内まで消化がされないため腸のかさが増えて蠕動運動を促すことで、便通の改善が見込めるためです。

大豆はたんぱく質が豊富なので。髪の材料にもなるでしょう、食べれば少なからず足しに派なると思いますが、それだけです。

現在、多くの男性を悩ませている脱毛症の一つに男性型脱毛症があります。
男性型脱毛症は先に書いたようにフィナステリドやミノキシジルの二つの効果が認められた薬が登場し、治療の未来が明るくなっています。
どちらの薬も一般的な育毛剤の医薬部外品と違い、医薬品ので医師の処方箋が必要ですが。
根拠の不確かな食品に頼るよりかは効率よく、期待のできる育毛ができるので一度AGAの治療クリニックで診療を受けるといいかもしれません。

脱毛や抜け毛などの毛髪のトラブルは皮膚科でしょうか?

毛髪は皮膚の一部から発生している為皮膚の一部として見る事ができます。また、毛髪「専門の科」もないようなので、現状では皮膚科がベストな選択です。
染髪剤でのかぶれ、埋没毛や脂漏による皮膚炎など毛髪には頭皮と絡んだ様々なトラブルがあります。そのため炎症や痒み、ふけが多いなどの問題は皮膚科での診療で解決する可能性があります。

それ以外の精神的なストレスや鬱症状、生活環境が変わってからの脱毛などの心の問題がある場合は精神科、精神的な問題かもしれないけどよくわかならい場合は心療内科がよいとされています。

脱毛症の治療目的なら、専門の外来がおすすめです。おでこ周りや頭のてっぺんが後退する野が特徴の男性形脱毛症は日本で一番多いとされている脱毛症で、専門の治療クリニックもたくさん登場してます。
未だに少なく無い数の病院が予約制を採用している訳ではありませんが、専門のクニックでは予約制がほとんどで、事前に予約することで退屈な待ち時間も無く、他の患者さんとも顔を合わせる可能性が低くなります。
自分が本当に男性形脱毛症(AGA)で合っているのか不安な場合は、診療費が無料の場所を選ぶ事と費用を抑えつつ脱毛症について専門の意見を聞く事ができます。

育毛でよく血行の促進を見るけど、どうしてなの?

頭皮の血行促進を求められているのは、毛髪を作るための材料を毛細血管から受け取っている為です。
頭皮の巡りをよくすることで、血流の流れがよくなり代謝が活発化することで老廃物の排出を促し、毛根へ栄養素が送られやすくなるというのが一般的な見解です。
そのため育毛剤でも血行の促進や頭皮環境の改善を目的に、センブリエキスがよく配合されています。その他にも入浴中やその後に頭皮の血管を広げてから頭皮マッサージやヘアブラシで頭皮を叩いて刺激するといった民間療法もよく知られています。

実際に血行を促進することでどれだけの育毛効果が期待できるかは、環境要因によって異なるので絶対はありませんが、あまり期待はできないと思います。血流をその時だけよくしても行為を止めてしまえば元に戻るでしょうから、一時の血流促進での効果は微々たるものでしょう。

それよりも、もし偏った食事や中途半端は時間の食事や間食、暇食いが多いようならそれらの行為を避けて、栄養が整った食事を定時に摂ることや寝不足にならないように早めに寝て睡眠を十分に確保するなど生活面での改善も大切です。

脱毛症の多くがホルモンによるものです。男性型脱毛症は特定のホルモンが影響する事で毛髪の成長が抑制され薄毛や抜け毛の要因になります。現在この男性型脱毛症の進行を抑える薬剤もあるので、専門外来で一度診てもらうと解決への糸口になると思います。

皮脂が薄毛や抜け毛の原因になるのでしょうか?

皮脂が脱毛症の原因にはなる可能性はとても低いです。
皮脂の働きは菌や乾燥から皮膚を守る為に、皮膚上や毛髪には薄く膜が張られています。そのため毛穴や皮膚に脂があるのは正常な働きで、皮脂が多い程度なら問題はないと思われます。

脂漏性脱毛症の様に皮脂が多く分泌されることから発症する脱毛症も、自律神経の乱れや食事が油が多かった。思春期などのホルモンバランスが崩れ易い時期だったなど様々な原因が考えられ、特定が難しいですが、毎日洗髪をしている一般的な生活なら発症する事は稀です。

皮脂の取りすぎもよくない

先に書いたように皮脂は皮膚の保護の役割もあります。そのため皮脂がなくなると分泌しようとするため皮脂が多くなる事はよく知られています。また、皮脂を取りすぎると頭皮の乾燥が起きて、炎症やふけの発生などの可能性もあります。
洗髪の時も皮脂を取ろうとごりごり洗ってしまい、頭皮を傷つけてしまい、ふけの増加を招く事もあります。そのため、適度に洗髪していれば、皮脂においては心配入らないと言えます。もし心配なら一度皮膚科への受診することが確実です。

脱毛症

現在日本で一番多い脱毛症は男性型脱毛症です。頭頂部や前頭部の毛髪が後退することが特徴で、特定のホルモンが原因で脱毛症になるとされ、皮脂の影響は強くないと考えられます。

現在この脱毛症に治療薬も登場しています。フィナステリドとミノキシジルです。
ミノキシジルは塗り薬で、フィナステリドは飲み薬です。どちらも症状の進行を食い止める有効な薬剤として認められています。

男性型脱毛症に悩む多くの方が治療クリックを受診し、効果を実感しています。自分の脱毛症が本当に男性型脱毛症なのかわからない方でも、クリニックは基本的には予約制なので他の方と顔を合わせにくく待つ時間も節約できます。

頭皮が乾燥すると薄毛や抜け毛の原因になるの? 保湿の意味や効果とは

頭皮の乾燥が直接に脱毛症となるわけではありませんが、例えば日本でもっとも多いとされる脱毛症は男性形脱毛症(AGA)は、ホルモンが原因となり発症しますが、その進行速度は生活観や頭皮環境が影響すると考えられています。
男性形脱毛症以外に脂漏性脱毛症の様に、頭皮の炎症によって脱毛がおきるこはよく知られています。このように頭皮のトラブルは脱毛症の進行や発症に関与している場合があります。

頭皮の乾燥は皮脂の不足を意味し、本来なら皮脂が皮膚や毛髪の表面に薄い膜を張る事で乾燥を防ぎ、弱酸性を保つ事で菌を排除し皮膚を保護する役割が薄れてしまい、炎症や頭皮の乾燥、ふけ、痒みどの原因となることがあります。とくに痒みから頭皮を掻く事で頭皮を傷つけてしまうこともあり、それによってふけが増えて、痒みやフケを取ろうとシャンプーを念入りにやりすしてしまう悪循環のような状況に陥る事も考えられます。

乾燥の原因は人によって様々で、肌に合わないシャンプーやリンスや冷暖房の風が直接当たっていたり、炎天下の野外で活動をよくするなどがよくみられます。原因を除く事が難しい場合は、市販の保湿ができるシャンプーや育毛剤を試してみることもおすすめです。
保湿をしても、薄毛や抜け毛が改善する可能性は低く、最終的な薄毛の改善は食生活や睡眠などの生活観の改善やパーマや染髪をしないなど毛髪に負担をかけないことが一番です。
男性型脱毛症なら、クリニックで治療をうけるという選択肢もあります。

遺伝によって男性形脱毛症(AGA)になる運命は決められているのか

私たちの体は、例えば瞳の色や耳垢が乾いているか湿っているかなど、様々なことが遺伝によって決定付けられています。
その一つに薄毛があります。両親や親戚に脱毛が見られるとき「薄毛」の因子が遺伝する可能性があることは、ほぼ間違いないようです。しかし、見解や考察などが複数ありまだはっきりとしたことが分かっていません。

薄毛の遺伝は両親が発症している場合は、自分も遺伝していると考えられます。また隔世遺伝によって祖父母からの遺伝する可能性もあり、その場合は母方からの影響が強いとされています。

ここでの薄毛とは男性型脱毛症(AGA)のことですが、この脱毛症は様々な治療方法が存在し脱毛の侵食を抑える有効な治療薬「フィナステリド」や「ミノキシジル」が登場し手術など切らなくても脱毛症の改善が見込めるようになりました。

その他にもきる必要はありますが、自毛植毛と呼ばれる自分自身の毛を移植する方法もメジャーとなりつつあります。
どんな方法にせよ脱毛症への未来が明るくなっていることは確実です。

先の男性型脱毛症の薬は二つとも皮膚科かクリニックなどの専門外来で処方して貰えるので、頭頂部や前頭部が気になり出したら早めの来院が早期解決の鍵です。自分がそれ以外の脱毛症かもしれないと判断に悩む時も、診療費が無料を謳う治療クリニックで診てらうと費用を抑えて診断してもらると思います。