1. ホーム
  2. 脱毛症
  3. ホルモンによる脱毛
  4. 男性型脱毛症(AGA)
  5. ≫どんな感じでAGA治療が始まるのか?クリニックでの流れについて

どんな感じでAGA治療が始まるのか?クリニックでの流れについて

AGAの治療は、主に毎日飲み薬と塗り薬を利用することが一般的で、治療を受ける医療機関によっては、この二つの薬に加えてオリジナルの育毛剤や発毛剤を用いる場所や頭皮へ注射器を利用して医療薬を注入し、育毛効果を高める育毛メソセラピーによる治療が可能な場所など薬と合わせた別の療法を行なうことがあります。

治療してから効果がでるまでは、どんな治療を行なったかや個人による差が大きく、早い人で一ヶ月ほどで効果が実感できる方や、一年以上かかる方もいます。

実際の治療までの流れ

AGAスキンクリニックを例に治療の流れは以下のような感じです。

カウンセリング

毛髪についての話しやどんな治療をするのか、発毛治療の内容や治療費、治療時の諸注意事項などの説明が専門スタッフにより行なわれます。その後、問診表を記入し、カウンセリングにはります。
AGAスキンクリニックの場合は、カウンセリングが無料なので本当に自分がAGAなのかよく分からない方でも、費用を気にせずにとりあえず診て貰うことができます。
また予約制を採用しているので、待つ必要がありません。

初診

専門医師によって頭髪や頭皮の状態そして体の健康も診療し、生活の改善などをアドバイスがあります。
フィナステリッドを用いた治療では、前頭部と頭頂部の薄い範囲が完全に重なった重い症状の場合は効果が効きにくいという報告があります。なのでしっかりとした診療によって適切な処置を検討する必要があります。

この初診で、頭部の写真も撮影されます。頭部の写真が恥ずかしい方もいるかもしれませんが、薄毛治療ではとても大切なことで、効果のある薬を飲んだり塗ったりしてもすぐに変化が訪れる訳ではありません。
早い人は早いですが、遅い人は遅いです。効果の現れ方や実感の度合いなどは個人差があるので、客観的な判断の材料になります。さらに生えてからもその具合からこれからも治療を続けるかなどの指標として写真撮影は必要な処置です。

血液検査

薬を使用するため安全面に配慮して、血液検査が行われます。
この検査では、主に治療薬を投与することによる治療の効果以外の影響が、体に起きないかをを判断するために行なわれます。

血液検査を終えて、結果が聞かされて治療するかの意思確認が行なわれます。
治療を希望すると治療が開始し、三十日分の薬を処方され、その後は約一ヶ月毎の診療を受けます。

一ヵ月毎の診療で、頭皮の健康状態の確認や次の一ヶ月後の診療までの治療薬の処方が行なわれます。
治療の結果を客観的に判断する為の頭部写真の撮影なども、このタイミングで行なわれます。

今回はAGAスキンクリニックの治療までの流れと、治療が始まってからの流れを例に説明しましたが、一般的なAGAの治療クリニックもだいたいこのような流れで治療が始まることがほとんどのようです。
男性型脱毛症の治療では、内服薬と外用薬による治療が主軸に行われています。

治療方法にはそれ以外にも、頭皮に有効成分を直接注入するメソセラピー療法と外用薬と内服薬の併用やクリニックによっては独自の治療過程を用意していたり、メソセラピーと似た療法にハーグ療法、頭皮の毛包を植え替える自毛植毛法などの治療法も存在しているので、治療の流れもそれらによっても変動すると思います。
どんな治療方法が最適なのかは一重に判断はできません、診療を受ける際にしっかりと確認し自分にぴったりの治療法を選択する事が大切です。