1. ホーム
  2. 育毛成分
  3. ≫フィナステリドの効果と効能とは

フィナステリドの効果と効能とは

フィナステリド(Finasteride)とは前立腺肥大の治療薬としてアメリカのメルク社が開発し、その後の研究で毛髪の成長が見られた事から男性形脱毛症の治療薬として転用された薬です。
日本には1mgと0.2mgの二つがMSD社よりプロペシアの商品名で販売され、購入費用を含む診療費などは健康保険の対象にならないため、全て自己負担となります。

主作用

男性型脱毛症はDHTによって起こると考えられ、その原因となるDHTの生成に関与する2型5-α還元酵素の働きを阻害するのがフィナステリドの効果です。
よく発毛剤と思われがちですがフィナステリド自体に発毛効果は無く、対象となる酵素の働きを妨げるだけですが、試験ではある程度の発毛が見られています。
効果的に男性型脱毛症以外の円形脱毛症などの脱毛には、効果がありません。

作用は特定の酵素の働きを阻害するだけですが、その効果は高く1mg錠を一日一錠服用した試験結果では一年間で五十八パーセント、二年で六十八パーセント、三年で七十八パーセントの被験者に改善が認められ、海外では五年間の投与で九十パーセントの患者に抜け毛の抑制などの結果が確認されています。

副作用

全ての人に発現する訳ではありませんが、フィナステリドの服作用は性欲減退や陰茎の勃起力が弱くなるなどが発表されています。まれに食欲不振や全身の倦怠感、鬱症状などもあるようです。また日本では発売されていない5mg錠では、射精障害なども報告されています。
頻度などは不明ですが肝機能障害もあると言われています。

禁忌

DHTは男性らしさを出すホルモンで、成長途中の男性の場合は声変わりや男性器の発達などに必要なホルモンです。そのためフィナステリドでDHTの生成を抑制すると悪影響がでる可能性があるため未成年には処方されません。
同じ理由で胎児や男児に影響を与える可能性が考えれる妊婦や授乳中の女性、そして献血を控えている方なども服用してはいけません。

副作用などもありますが、市販されている風邪薬でも眠気があるなど、どんな薬にも服作用が存在し、全ての人に見られる訳ではありません。
診療を受ける際などに注意事項などを聞くと思われるので、気になる場合は医療機関でしっかりと聞いておくと確実です。

現在男性形脱毛症の治療薬として認められているのはフィナステリドとミノキシジルのみです。クリニックや皮膚科などでも治療薬として処方されています。