1. ホーム
  2. 脱毛症
  3. ホルモンによる脱毛
  4. 男性型脱毛症(AGA)
  5. ≫前髪が剃りこんだような「M字型脱毛症」の治療方法と原因

前髪が剃りこんだような「M字型脱毛症」の治療方法と原因

前頭部がM字型になるのは男性型脱毛症の典型な症状の一つです。
男性型脱毛症は男性ホルモンテストステロンが酵素によって、ジヒドロテストステロンに変化し、髪が生えるために必要な毛乳頭細胞に存在する受容体と結合する事でヘアサイクルの乱れが発生し、脱毛症がおきます。

受容体の存在が鍵となって起こる脱毛症で、通常は受容体が頭部の頭頂部と前頭部に集中して存在しているため、男性型脱毛症で見られる後頭部と側頭部の毛髪を残した特徴的な脱毛症になります。

進行性の脱毛症なので、放置することで薄毛が多くなり、後退している範囲が広がる可能性が高いです。

治療方法

男性型脱毛症の治療方法はここに記載している以外にもあります。
この脱毛症の基本的な考えとして、ホルモンの影響で髪の成長に必要な毛包が小さくなり、髪が成長しにくくなることで、産毛や抜け毛、細く柔らかい毛が多くなるのが男性型脱毛症です。

フィナステリド

フィナステリドは、プロペシアやプロスカーの商品名で発売されている内服薬で、購入するには医師の処方箋が必要です。
プロペシアの作用は「テストステロン」を「ジヒドロテストステロン」へ変換する酵素を阻害する薬で、服用することでジヒドロテストステロンによる脱毛作用を抑えることができます。今までのような育毛剤とは違い、原因物質自体を抑制しているので高い効果が狙えます。
医療機関での治療でも、よく用いられている薬です。

ミノキシジル

ミノキシジルは、塗るタイプの薬剤で毛乳頭に干渉し、エネルギーや情報伝達に関係するアデノシンという物質の分泌を促す作用があるとされています。

入手方法は輸入を行なうか、日本にあるミノキシジルを配合した大正製薬のリアップがあるので、それを購入するなどがあります。リアップは医薬品と言う扱いなので、薬剤師との対面販売で手に入れる事ができます。

メソセラピー

効果が狙える成分を注射器で頭皮に直接注入することで、頭皮に有効成分を浸透させる方法です。
注入する薬剤は、医療機関によって異なりますがミノキシジルを中心に成長因子のある成分を組み合わせているケースがおおいです。この薬剤はカクテルなどと呼ばれています。
フィナステリドとの併用で、高い相乗効果を期待できる方法です。

植毛

植毛にも様々な手法がありますが、側頭部や後頭部にあるまだ脱毛していない毛髪を切り取って、脱毛箇所に移植する方法です。
移植すると、切り取った部位の性質を受け継ぐので男性型脱毛症での脱毛が置きにくくなります。