1. ホーム
  2. 脱毛症
  3. ホルモンによる脱毛
  4. 男性型脱毛症(AGA)
  5. ≫後ろと横の髪が残る「U字型・A字型脱毛症」の治療方法と原因

後ろと横の髪が残る「U字型・A字型脱毛症」の治療方法と原因

日本人によく見られる脱毛の症例がU字型(A字型)脱毛です。脱毛部位を上部から見るとU字状またはA字のように見える事からこの名前がついています。

この脱毛症はAGA(男性型脱毛症)の典型例で、U字型以外にもこめかみから髪が後退するM字型や頭のてっぺんから後退するO字型があります。
AGAは進行性の脱毛症なので、M字型やO字型の脱毛症も放置すると最終的には部位が重なり合ってU字型のような状態になります。
この状態まで進行すると後述するフィナステリドが効きにくくなると言われているので、ミノキシジルやその他の療法と組みあせて解決に挑みます。

原因

DHTというホルモンが、髪の生産を指示などを行なっている毛乳頭細胞へ干渉することで、髪が上手く成長できず産毛のようになってしまう事が主な原因です。

毛髪は「成長中の毛」と「抜ける途中やその準備中の毛」があります。本来は成長中の毛が大多数を占めるところを、AGAは「抜ける途中やその準備中の毛」が特定の部位に集中してしまうことで、全体的に髪が薄くなってしまいます。

治療法

医療機関での治療は塗り薬と飲み薬を処方することが主流の方法です。
塗り薬はミノキシジルが処方されると思います。ミノキシジルは毛乳頭に働きかけて細胞の情報伝達に深く関係しているアデノシンという物質の産生を促す効果があります。

飲み薬はプロペシアが処方されます。
プロペシアは、DHTを生成する酵素の働きを邪魔する事で、DHTを抑制することで毛髪の成長がもとにもどることが期待できる薬剤です。
ただし、DHTは男性機能の形成や発達などに貢献しているホルモンなので、二十歳以下の男性には処方されることはありません。また、妊婦も胎内の男児に影響がでる可能性があるため服用することができません。

どちらも脱毛症の有効薬として認められて唯一の薬で、現在のAGA治療クリニックなどの医療機関での治療でよく用いられています。

飲み薬と塗り薬以外の方法として、植毛があります。
植毛は後頭部や側頭部などの脱毛が起きていない毛髪を切り取り、脱毛箇所に移植する方法です。一度移植するともう一度することが難しいそうですが、移植する場所の性質を受け継ぐため脱毛が起きにくくなります。

育毛効果を高める方法に、メソセラピーという方法もあります。
育毛や発毛効果を期待できる成分を配合した薬液を、頭皮に注射器で直接注入する方法です。一般的な治療法であるミノキシジルやプロペシアにと合わせて施術する事で相乗効果が狙えます。
頭皮に注入する薬液の内容は施術を行なう場所によって変動しますが、増殖因子などを含んだものを中心にブレンド配合している事が殆どです。