1. ホーム
  2. Q&A
  3. ≫本当に「きなこ」や「豆乳」に育毛効果があるの?

本当に「きなこ」や「豆乳」に育毛効果があるの?

私たちの食にはたくさんの大豆由来の食品が溢れています。
記事タイトルのきなこや豆乳を始め、味噌も醤油も大豆由来の製品です。枝豆や一部のもやしもそうです。多くの大豆由来の食品があります。
大豆と聞くと、女性ホルモンに似た働きをするイソフラボンが豊富に含まれている印象が強く、そこからヒントを得て育毛にも有効そうと毎日きなこ牛乳か豆乳を飲んでいる方もいると思います。
たしかに大豆にはイソフラボンが含まれていますが、果たしてこれらの大豆食品を摂ると本当に育毛に効果があるかと言えば、期待はできないというのが正直な答えでしょう。もちろん毛髪を作る材料にはなると考えられますが、それが毛髪の成長促進に繋がるとは考えにくいです。

男性型脱毛症の治療薬のフィナステリドやミノキシジルと違い明確な薬効がある訳ではなく、あくまで食品として摂取すれば、その栄養は体を作るための材料として全身をめぐる訳です。そのため、髪にピンポイントで成分が届く訳ではありません。

「でも大豆はお通じにもいいんでしょ?」
もしかしたらお通じの改善が腸にピンポイントに聞いていると感じているかもしれませんが、大豆が通じによいのは食物繊維が豊富だからです。繊維の種類についてはここでは割愛しますが、大豆のように繊維の豊富な食品を食べると腸内まで消化がされないため腸のかさが増えて蠕動運動を促すことで、便通の改善が見込めるためです。

大豆はたんぱく質が豊富なので。髪の材料にもなるでしょう、食べれば少なからず足しに派なると思いますが、それだけです。

現在、多くの男性を悩ませている脱毛症の一つに男性型脱毛症があります。
男性型脱毛症は先に書いたようにフィナステリドやミノキシジルの二つの効果が認められた薬が登場し、治療の未来が明るくなっています。
どちらの薬も一般的な育毛剤の医薬部外品と違い、医薬品ので医師の処方箋が必要ですが。
根拠の不確かな食品に頼るよりかは効率よく、期待のできる育毛ができるので一度AGAの治療クリニックで診療を受けるといいかもしれません。