1. ホーム
  2. Q&A
  3. ≫海水につかりまくると禿げますか?

海水につかりまくると禿げますか?

海水が頭皮にやさしいかと言えば、やさしくないです。
塩分と脱毛の関係性ははっきりとしていませんが、恐らく頭皮へのダメージになる可能性があります。ただ、海水浴を長時間楽しむ人はあまりいないのではないでしょうか、帰る頃にはシャワーで海水を落としたり、自宅で頭を洗ったりしていれば、そこまで危険視する必要性は感じません。

海水が残ったままや砂が付着したまま放置してしまい、首や手首周りなどに炎症を起こす方もいるよるようなので、頭皮に海水を残したまま長い時間放置すると、かゆみや炎症などが発生する可能性が考えられます。
皮膚の炎症は脂漏性脱毛症がある事から頭皮へのダメージに繋がることが考えられます。
そのため海水や砂などはしっかりと洗い落とす事が大切でしょう。

海水だけではなく、空から降り注ぐ紫外線なども気になると思います。
特に夏場では紫外線が強く、長時間曝される事で日焼けなどが起きる事はよく知られています。
髪の場合は髪を保護する役割をもつキューティクル層が破壊されるほか、塩分で水分が抜けて結果的に髪のパサつきを感じるようになります。
髪が紫外線から頭皮を守っているので、紫外線による頭皮へのダメージは心配するほどでは無いと思います。

海水がついたり、紫外線を浴びる事で脱毛が起きるとは考えにくいです。
脱毛は遺伝の影響が強く、両親のどちらか、母方の曽祖父母に脱毛症が見られないかなどが重要な鍵となります。その他に食生活やストレスなども脱毛のきっかけになると言われています。