1. ホーム
  2. 考え方や考察など
  3. ≫生活習慣の乱れを改善して、薄毛や抜け毛の対策

生活習慣の乱れを改善して、薄毛や抜け毛の対策

生活習慣の乱れが薄毛や脱毛に直接繋がるとは考えにくいですが、関節的には原因となる可能性があります。
生活習慣以外に生活する上でストレスがかかることがあります。
ストレスは精神の疲労とも言え、肉体の疲労はとは違い解消しにくいです。ストレスが溜まりすぎたり大きなストレス下に晒され続けると自律神経やホルモンの乱れにも繋がる恐れがあり、少なからず体に変調をもたらすきっかえになる可能性があります。
例えば、円形脱毛症は免疫構造の異常によって引き起こされている脱毛症なので、ストレスは直接の原因にはなりませんが、引き金にはなると言われています。

男性型脱毛症のように男性ホルモンが原因となる脱毛症も、その進行速度にはストレスや生活習慣が関係していると私は思います。

細かいことを気にしすぎたりすると、尾をひきやすいので「まぁいいか」という切り替えやゆっくりとした入浴、好きな音楽を聴いたりとリラックスタイムを設けて、日々のストレスケアに努める事も大切です。

では次に生活習慣についてです。

食事

脂っこいものが多い食事を摂ると皮脂の分泌が多くなります。これが薄毛や脱毛になるわけではありませんが、脂漏性湿疹ができて悪化すると脱毛に繋がる可能性があります。
また、空腹でもないのに食事を摂る事は食べ過ぎに繋がっている可能性もあり、成人病などに起因する恐れがあります。

食べすぎとは逆に、無理な食事制限などでバランスの崩れた食事を行なうと栄養が偏る可能性もあります。食事において髪の材料になるたんぱく質は大切な要素です。それに絡めてビタミンや亜鉛などの補助成分も必要不可欠です。

私たちの体は、栄養の分配に優先順位が付けられていて、髪はその優先度の中でもかなり低いです。栄養が足りなくなると髪に栄養がいきにくくなり細く切れやすい髪になるので栄養バランスを考えた食事を心向けしてみてください。

運動

運動すればふさふさになるわけではりませんが、体を動かす事で蓄積された脂肪を消費し、生活習慣病の予防を考えられます。
体の健康だけでなく運動が好きになれれば気分転換にもなって、ストレスの解消にも繋がって精神的にも肉体的にも健康に近づきます。
運動のポイントは長く続ける事と無理をしないことです。やはり一朝一夕では効果がでないので「なるべく」くらいの気持ちで、続ける事が大切です。そして「絶対やらなきゃ」なんて考えずに、目標を低く立てて無理せずにやることが長く続けるポイントです。

睡眠

私たちは夜に寝て、昼間に活動し朝起きるというサイクルでできています。
心と体を休めるために睡眠は必須で、眠ることでストレスを軽減することにも繋がりますが、睡眠不足ではストレスとなってしまい精神に大きな負担がかかります。なのでしっかりと睡眠をとる事が大切です。
また、髪の成長にも必要な成長ホルモンが二時から三時の間で分泌されます。人によって睡眠時間はことなりますが、平均で八時間から七時間程度なので、朝起きる時間をなるべく固定してそこから睡眠にはいる時間を逆算して眠る事を目標にするといいかもしれません。
快適な睡眠のために、眠る前に軽い読書や好きな音楽かゆったりしたBGMを聞いたりする雰囲気作りが効果的です。また、眠る少し前に熱すぎないお湯にゆったりと入浴することもいいでしょう。

飲酒や喫煙

飲酒は適量なら、ストレスの解消になるのでおすすめですが、飲みすぎはよくありません。お酒だけでなく、一緒に食べる物が高カロリーのものが多くなりがちです。飲酒するさいは適量を心がけて、摘みなども程ほどが一番です。

喫煙は毛細血管を収縮する作用があるとされていますが、真偽の程はわかりません。
毛細血管が縮む事で、毛髪に栄養が届きにくくなり薄毛や細毛の原因とも言われています。