1. ホーム
  2. 脱毛症
  3. 皮膚疾患による脱毛症
  4. ≫粃糠性(ひこう)脱毛症と脂漏性脱毛症の治療方法と原因

粃糠性(ひこう)脱毛症と脂漏性脱毛症の治療方法と原因

脂漏性湿疹(脂漏性皮膚炎)が原因となって起こる脱毛症です。

脂漏性湿疹は、皮脂腺の発達している脇や胸、背中の上部などに発症しやすい湿疹で、主に脂が多くなることで発生しますが、どうしては起こるのかはたくさんの要因や可能性があり完全に特定する事が難しいです。

湿疹の原因となる菌は皮膚上にいる棲息しているマラセチアという真菌です。
普段のマラセチアは大人しい菌で、静かに皮脂を分解してくれています。しかし何かしらの原因で皮脂が多くなると、その行為が過剰になってしまい皮膚の刺激に繋がり、それが接触によっておこる皮膚炎を誘発し湿疹が発症すると考えられています。

これが頭皮で起こると、脂漏性フケ症を発症してフケが多くでるようになり、それが脂漏性皮膚炎の起因の一つとして発症します。

頭皮の脂漏性皮膚炎の主な症状は頭皮が赤くなりカサカサ感を覚えたり髪が細くなり脱毛が起きる、鱗状のフケが大量にでるなどがあります。
比較的小児に多い傾向があり、痒みを伴うため引掻いてしまいやすいです。

頭皮の脂漏性皮膚炎は、粃糠性(ひこう性)脱毛症と呼ばれています。その他に脂漏性脱毛症という呼び方もあり、両者の名前を皮脂が多いか、フケが多いかで区別する為の呼び分けに使われる事があります。そのほかに症状が比較的軽い方を脂漏性、かさぶたなどができてしまい重くなっている方を粃糠性とする考えもあります。

脂漏と粃糠の意味
脂漏 …… 皮脂の分泌が多くなった状態のこと
粃糠 …… 皮膚の表層にある角質が増殖して、糠(ぬか)のように剥がれ落ちる症状のこと

治療と要因

頭皮の見た目が悪くなりがちで、先入観から清潔さが重要だとされていますが、生活環境の綺麗さは関係が薄いとされています。

例えば食事で脂っこい物を食べると皮脂が多く分泌されてることから、食事が原因の可能性が高い事が考えられ、次にストレスも発症のきっかけになるとされています。
その他にアルコールの飲みすぎや、肝臓の疾患などが多くの原因が考えられます。

頭皮を洗う際は爪を立てないようにして、シャンプーやトリートメントはしっかりと流すように心がけておこなうなど丁寧な洗髪が大切です。

頭皮の湿疹の治療方法としてはステロイドによる外用薬での治療がありますが、しらくもの治療と似たような感じで、ケトコナゾールなどの抗真菌薬を塗って殺菌する方法が一般的に用いられ、補助として抗アレルギー薬やビタミン剤などの内服薬を用いることもあります。