1. ホーム
  2. Q&A
  3. ≫育毛剤の「医薬品」「医薬部外品」「薬用」にはどんな違いがあるのか?

育毛剤の「医薬品」「医薬部外品」「薬用」にはどんな違いがあるのか?

医薬品と医薬部外品は、薬機法で分類され指定された表記です。
薬機法(旧 薬事法)は、特定の製品を「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」「医療機器」の四つに分類しその製品の品質や有効性、安全性を確かにする法律です。

育毛剤などで良く見られる「薬用」は、医薬部外品と同じ意味です。医薬部外品は専門的な用語で、一般的にはわかりにくいため各メーカーが消費者に対してわかりやすくするために付けた、一種の独自呼称のような物です。

※薬機法の正式名称は「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」です。



次に医薬品と医薬部外品のちがいについて説明をします。

医薬品

効果の認められた成分が配合されたもので、主に治療を目的とした薬です。
人体に何かしらの効果が表れるので主作用以外に服作用も存在し、飲み合わせや体質などの諸問題もあるため病院や薬局などで医師か薬剤師の助言を聞き処方、購入することになります。
医薬部外品とは違い、効果と効能が明確で用法や容量と言った使用方法をしっかりと守ることが必要です。

医薬品の定義

日本の医薬品医療機器等法第2条では次のように定義される。

  1. 日本薬局方に収められている物
  2. 人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物であって、機械器具、歯科材料、医療用品及び衛生用品でないもの(医薬部外品を除く。)
  3. 人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であって機械器具、歯科材料、医療用品及び衛生用品でないもの(医薬部外品及び化粧品を除く。)

国内で医薬品として譲渡を含め流通させるには、厚生労働大臣による製造販売承認が必要である。承認のないもので医薬品、医薬部外品、化粧品もしくは医療機器に該当しないものは「効能」「効果」をうたうことはできない。

医薬部外品

効果や効能が認められた物が配合されていますが、効果が作用するまでが緩慢だったり個人差があったりと医薬品のように症状を治す目的よりも、防止を目的にしていることがほとんどです。
どの成分にどんな効果があるかは不明瞭な所も多く、長期的な使用によって効果を示す可能性はありますが、期待ができるというものが殆どです。それ以外に明確な使用方法を示す義務がありません。ただし医薬部外品の場合は、医薬品と違って医師や薬剤師から処方してもらう必要がないので手軽に手に入れる事が可能です。また、アレルギーなどを起こす可能性がある成分は表示義務があります。

医薬部外品の定義

この法律で「医薬部外品」とは、次に掲げる物であつて人体に対する作用が緩和なものをいう。

  1. 次のイからハまでに掲げる目的のために使用される物(これらの使用目的のほかに、併せて前項第2号又は第3号に規定する目的のために使用される物を除く。)であつて機械器具等でないもの
    • イ 吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止
    • ロ あせも、ただれ等の防止
    • ハ 脱毛の防止、育毛又は除毛
  2. 人又は動物の保健のためにするねずみ、はえ、蚊、のみその他これらに類する生物の防除の目的のために使用される物(この使用目的のほかに、併せて前項第2号又は第3号に規定する目的のために使用される物を除く。)であつて機械器具等でないもの
  3. 前項第2号又は第3号に規定する目的のために使用される物(前二号に掲げる物を除く。)のうち、厚生労働大臣が指定するもの


化粧品
基礎化粧品などの美容目的やシャンプーやリンスといった毛髪を健やかに保つ目的の物がおもに該当します。

医療機器
医療機器は疾病の診断や治療もしくは予防に使用される機器類が含まれるものです。
その範囲は広く、さらに四つのクラス分類されます。身近な医療機器にコンタクトレンズや絆創膏などがあります。
育毛機や頭皮のレーザーマッサージ機などの多くは医療機器に入っていません。もし購入を検討する場合は、医療機器かどうかも視野にいれるといいでしょう。ちなみにマッサージチェアは医療機器に分類されています。

※医薬品及び医薬部外品の定義文章の参照・引用元「医薬品医療機器等法(法令データ提供システムより)

育毛剤・発毛剤

現在男性型脱毛症(AGA)の有効な治療薬としてミノキシジルとフィナステリドがあります。
ミノキシジルは血圧降下剤として血圧を下げる薬でしたが、多毛の副作用が見られた事から育毛剤へと転用されたものです。エネルギーなどの伝達に関係するアデノシンという物質が関与して増毛効果に繋がっていると言われています。
ミノキシジルを配合したいくつかの製品化されており、日本には大正製薬のリアップ、海外ではファイザー社のロゲイン、ロゲインのジェネリック版のカークランドなどがあります。

一般的な育毛剤は医薬部外品に分類されますが、有効性の証明されているミノキシジルが配合されているリアップは医薬品に分類されています。
そのほかに医薬品に分類されている育毛剤に、第一三共ヘルスケアのカロヤンガッシュがあります。
カロヤンガッシュは成分の一つに「カルプロニウム塩化物水和物」が配合されており、これの作用で血管が広がる事で血流を改善することによる育毛効果が期待できる製品で、円形脱毛症や粃糠性脱毛症等に有効とされる育毛剤です。壮年性脱毛症(男性型脱毛症の別称)にも効果があるようです。

円形脱毛症の場合は、ステロイド治療を始め、様々な療法があるので一度医師に相談してみることも大切です。

男性型脱毛症のもう一つの治療薬フィナステリッドは、男性型脱毛症の原因となるDHTの生成を阻害する働きがあります。この薬は元々は前立腺肥大の薬として開発されたもので、前立腺肥大もDHTが原因となっておこることから治療薬として発見され、転用されるようになりました。

現在の男性型脱毛症の治療には、このミノキシジルとフィナステリドが主流となっています。クリニックや病院などでも処方されやすいです。