1. ホーム
  2. 考え方や考察など
  3. ≫遺伝によって男性形脱毛症(AGA)になる運命は決められているのか

遺伝によって男性形脱毛症(AGA)になる運命は決められているのか

私たちの体は、例えば瞳の色や耳垢が乾いているか湿っているかなど、様々なことが遺伝によって決定付けられています。
その一つに薄毛があります。両親や親戚に脱毛が見られるとき「薄毛」の因子が遺伝する可能性があることは、ほぼ間違いないようです。しかし、見解や考察などが複数ありまだはっきりとしたことが分かっていません。

薄毛の遺伝は両親が発症している場合は、自分も遺伝していると考えられます。また隔世遺伝によって祖父母からの遺伝する可能性もあり、その場合は母方からの影響が強いとされています。

ここでの薄毛とは男性型脱毛症(AGA)のことですが、この脱毛症は様々な治療方法が存在し脱毛の侵食を抑える有効な治療薬「フィナステリド」や「ミノキシジル」が登場し手術など切らなくても脱毛症の改善が見込めるようになりました。

その他にもきる必要はありますが、自毛植毛と呼ばれる自分自身の毛を移植する方法もメジャーとなりつつあります。
どんな方法にせよ脱毛症への未来が明るくなっていることは確実です。

先の男性型脱毛症の薬は二つとも皮膚科かクリニックなどの専門外来で処方して貰えるので、頭頂部や前頭部が気になり出したら早めの来院が早期解決の鍵です。自分がそれ以外の脱毛症かもしれないと判断に悩む時も、診療費が無料を謳う治療クリニックで診てらうと費用を抑えて診断してもらると思います。