1. ホーム
  2. 脱毛症
  3. ホルモンによる脱毛
  4. 男性型脱毛症(AGA)
  5. ≫頭のてっぺんに表れる「O字型脱毛症」の治療方法と原因

頭のてっぺんに表れる「O字型脱毛症」の治療方法と原因

男性型脱毛症は頭頂部と前頭部に脱毛が診られ、頭頂部の脱毛は男性型脱毛症の典型例の一つで、AGAとも呼ばれる脱毛症です。
男性ホルモンが毛髪の成長指令などを担当している毛乳頭細胞へ関与することが、鍵となり脱毛が引き起こされます。

原因

「テストステロン」と言う男性ホルモンの一つが、細胞内に入ると「2型5-α還元酵素」の働きによって、悪玉男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変化します。
このDHTが、毛乳頭細胞にある受容体と結合する事で、髪を育てる為の毛包の小さくなり毛髪が普通に成長しなることで、薄毛や脱毛が起きます。

治療方法

男性型脱毛症の治療は様々な方法が存在しますが、その代表に治療薬としてミノキシジルとフィナステリドがあります。

ミノキシジルは塗布型の薬で、頭皮に塗ることで毛乳頭細胞へ働きかけてアデノシンの分泌を促進します。アデノシンは細胞の働きを左右するシグナル伝達に関わりのある物質です。
それ以外に血管内皮細胞増殖因子や線維芽細胞増殖因子などの「増殖因子」の産生を促すことで、効果が示されているとされています。
ミノキシジルの購入方法は医療機関にて処方してもらうか、自力で海外から購入する方法があります。自分で購入する際は、自己責任になってしまうので注意が必要です。
日本にはリアップという製品がミノキシジルを配合しています。一般的な育毛剤と違い医薬品なので薬剤師のいるお店でのみ購入ができます。

もう一つの治療薬フィナステリドは飲み薬で、プロペシアという商品名で販売されていて、医療機関で処方箋もらうことで購入できます。
よくある勘違いとして、プロペシアは原因酵素の阻害薬であって発毛剤ではありません。

プロペシアの作用機構は単純で、DHTの変化原因となる2型5-α還元酵素の働きを邪魔立てする作用によって、男性型脱毛症に高い効果が表れます。
作用的に男性型脱毛症以外の円形脱毛症や脂漏性脱毛症などの脱毛症には効果はありません。

2007年時点でアメリカ食品医薬品局が男性の脱毛の治療として認可しているのは、この二つだけです。

そのほかの方法

そのほかの方法として、頭部の横や後ろの残った毛を採取し脱毛部位に植える植毛や頭皮に効果の高い薬液を注入するメソセラピーなど様々な方法があります。
医療機関でのAGA治療はプロペシアとミノキシジルを中心にしたものがほとんどで、場所によってはオリジナルの育毛剤や発毛剤を処方されることがあります。
プロペシアもミノキシジルも医療機関に頼らずに自力で購入することも可能ですが、自己責任となってしまうため安全性のためにおすすめではありません。また。効果を高めるメソセラピーは医療機関でしか施術ができません。