1. ホーム
  2. Q&A
  3. ≫頭皮が乾燥すると薄毛や抜け毛の原因になるの? 保湿の意味や効果とは

頭皮が乾燥すると薄毛や抜け毛の原因になるの? 保湿の意味や効果とは

頭皮の乾燥が直接に脱毛症となるわけではありませんが、例えば日本でもっとも多いとされる脱毛症は男性形脱毛症(AGA)は、ホルモンが原因となり発症しますが、その進行速度は生活観や頭皮環境が影響すると考えられています。
男性形脱毛症以外に脂漏性脱毛症の様に、頭皮の炎症によって脱毛がおきるこはよく知られています。このように頭皮のトラブルは脱毛症の進行や発症に関与している場合があります。

頭皮の乾燥は皮脂の不足を意味し、本来なら皮脂が皮膚や毛髪の表面に薄い膜を張る事で乾燥を防ぎ、弱酸性を保つ事で菌を排除し皮膚を保護する役割が薄れてしまい、炎症や頭皮の乾燥、ふけ、痒みどの原因となることがあります。とくに痒みから頭皮を掻く事で頭皮を傷つけてしまうこともあり、それによってふけが増えて、痒みやフケを取ろうとシャンプーを念入りにやりすしてしまう悪循環のような状況に陥る事も考えられます。

乾燥の原因は人によって様々で、肌に合わないシャンプーやリンスや冷暖房の風が直接当たっていたり、炎天下の野外で活動をよくするなどがよくみられます。原因を除く事が難しい場合は、市販の保湿ができるシャンプーや育毛剤を試してみることもおすすめです。
保湿をしても、薄毛や抜け毛が改善する可能性は低く、最終的な薄毛の改善は食生活や睡眠などの生活観の改善やパーマや染髪をしないなど毛髪に負担をかけないことが一番です。
男性型脱毛症なら、クリニックで治療をうけるという選択肢もあります。