1. ホーム
  2. Q&A
  3. ≫頭皮は洗いすぎると禿る?

頭皮は洗いすぎると禿る?

頭皮の洗いすぎによって禿げるとは考えにくいですが、要因になる可能性があります。
頭皮に限らず、全身の皮膚や毛髪の表面に皮脂が薄く膜を張っている事で、菌や乾燥から守られています。しかし洗浄力の強いシャンプーなどで一日に何回も洗ったり、執拗に擦って洗うことで必要な皮脂が無くなり、本来なら持っているはずの防御能力が減少する事が考えられます。また、お風呂上りにドライヤーを当てすぎることは頭皮の乾燥を助長する原因にもなりえます。

頭皮の乾燥はなぜ駄目なのか?

頭皮に皮脂が多いと脱毛症になると勘違いしている方が多いですが、それは稀な事です。
既に書いているように、皮脂は肌を保護する為の重要な分泌物です。それをごっそりと取るということは保護を棄ててしまうことで、結果として頭皮の乾燥にも繋がります。

頭皮が乾燥をするとかゆみやつっぱり感を覚える事から違和感が気持ち悪くなったりかゆみを取ろうとして、頭皮をきつく引っ掻いて頭皮を傷つけることや、皮脂をとる事でより多くの皮脂が分泌され事もあります。
皮脂をさらに取ろうと洗ってしまう悪循環にはまってしまう方もいます。

環境や個人の体質などによっても変わりますが、皮脂を綺麗に取ってもある程度の時間で回復するので、一時的にごっそりとっても皮脂が回復するだけでなく、より増える事もあります。これは皮脂が必要な物だからこそです、そのため絶対に駄目と決め付ける事はなく、そもそもの皮脂が脱毛症に繋がる事はありません。たしかに脂漏性脱毛症なんて脱毛症もありますが、これが発症する事は稀なことです。発症する前に大量のふけや強いかゆみが出るなどの何かしらの異常を感じているはずなので、その時点で皮膚科で診療を受ける事の方が自分で模索するよりも解決が早いです。
脂漏性皮膚炎と勘違いされやすいしらくもの可能性もあるので、診療を受ける際は水虫の有無も伝えると病態の確実性があります。

少し脱線しましたが、普通にフケやかゆみがある場合は頭皮が乾燥している可能性が高いです。
シャンプーを優しい物に変えてみたり、馬油や保湿ローションなどで保湿してみるのもよいとされています。また、頭皮の洗い方も爪を立てないで、指の腹で丁寧に洗う方法でも改善が見込めるかもしれません。

ドライヤーも当て過ぎないで、冬場の時など乾燥気味の時の外出時はなるべく帽子を被って冷たい風から保護する方法も考えられます。